介護と仕事の両立

最近では、高齢化によってお年寄りが急速に増え続けてきています。
そのため、各家庭においても介護の必要性に迫られている人々が多く見られます。
介護は、肉体的にも精神的にも大きな負担となります。

24時間目を離せない重度の障害を持った高齢者のいる家庭では、家族の協力が欠かせません。
その中には、仕事と介護をなんとか両立していきたいと望んでいる人も少なくありません。

仕事を持っているビジネスマンやOLは、基本的には朝から夕方までの勤務時間の人が多く、日中の介護は難しいものです。

しかし、職場の人の理解を得ることによって、短時間勤務を叶えている人も少しずつ増えてきているのです。
そうすることで介護の負担を軽減することにもつながりますので、多くの人々からも厚い信頼を寄せられています。

このように、仕事との両立を目指すなら、職場への詳しい説明を行って協力してもらえるよう依頼することが近道といえます。
また、近所の人に短時間の留守番をお願いしたり、プロのホームヘルパーに定期的に来てもらうなど、さまざまな手段があります。

お役立ち情報一覧へ