使わなくなった介護用品、買い取ってもらえるの?

不要になった介護ベッドや車椅子などの介護用品、手っ取り早く処分したいけど、捨てるのももったいないですよね。
そういった場合に最も有用な手段の一つとして、買取が挙げられます。
本記事では、介護用品の買取について解説します。

 □介護用品の買取について具体的に解説!

*どこで買い取ってもらえるの?

介護用品を店頭に直接持参でき、最も身近に買い取ってもらえる場所としては、リサイクルショップが挙げられます。
しかし、介護ベッドなどの店頭に持っていくことが困難な大型の介護用品については、出張買取を行っている業者が少ないのが現状です。
そのため、事前にインターネットでよく調査することがおすすめです。
次に考えられる手段は、メルカリなどのアプリに代表されるフリーマーケットです。
個人で売買を行うケースがほとんどなため、自由に取引を行えるというのがメリットですよね。
しかし、裏を返せば個人間のトラブルに発展する恐れがあります。
また、商品や出品者への信頼性がやや不安定であるため、神経質な方には不向きかもしれません。

*買取の相場は?

ショップ間で個人差はありますが、新品未使用のものでも、定価の半額程度が相場だといわれています。
また、保険適用内の商品は買取価格が安くなる傾向にあります。
高額買取を狙うなら、保険適用外のものを選びましょう。

□高額で買い取ってもらうには?

当然のことですが、年式が最近のもので、ほとんど使用していない、きれいな状態のものであれば、買取価格は高くなります。
しかし、多少のキズや汚れがあっても諦めてはいけません。
電動の介護ベッドや電動車椅子などは、機能に支障が無ければ買い取ってもらえることがあります。
逆に、高額買取の可能性が低いものとしては、中古のものや破損している部分があるもの、名前が記入してあるものが挙げられます。
介護用品などの福祉に用いられる器具の特性上、衛生管理には気を遣う必要があるでしょう。
特に、使いかけのものについては、買い取ってもらえる可能性は皆無であると考えたほうが良いかもしれません。
買取は諦めて、潔く処分してもらうか、お近くの医療機関や福祉施設に寄付するのも一つの手段です。

 □まとめ

今回は不要になった介護用品の買取について解説しました。
どのような商品がどのようなショップでどのような方法で買い取ってもらえるのか、事前によく調べる事が重要です。
本記事が、介護用品の買取について悩んでいる方の参考になれば幸いです。

お役立ち情報一覧へ