これからの介護のために~売りたい時~

これから介護をすることになったら、介護用のベッドや車いすなどが必要になります。床に物を置いておくと歩くときに障害になりますし、車いすを室内で利用するときは廊下や部屋にも余分なものがあると邪魔になってしまいます。

そこで介護をするきっかけとして、必要のない家具や品物は処分することが必要です。

家具や嵩張るものは、粗大ごみとして処分する方法もありますが、まだそれほど汚れておらず使えるようであれば、リサイクルショップに相談してみることをおすすめします。

リサイクルショップでは、価値があると判断したものは有料で業者に引き取りをお願いすることができますし、値段がつかないものでも無料で引き取りをしてもらえる場合があります。

粗大ごみとして処分をするときは、自治体が定めた通りに処分をしなければなりませんし、有料になっています。

また粗大ごみとして処分するのは1か月に1回など日時が定められていますから、すぐに処分をしたいと考えても待たなければなりません。

指定された場所まで運ばなければならないという手間がありますが、リサイクルショップであれば自宅まで取りに来てくれます。自分で運ぶ手間もなく、連絡をすれば比較的早く取りに来てくれるでしょう。

お役立ち情報一覧へ