介護の負担が大きい?そんなときはケアマネージャーに相談を!

介護について調べていると、専門的な用語や難しそうな保険制度などが出てきて、自分一人では理解できないとお思いの方、そんな時には「ケアマネージャー」を頼ってみましょう。

□ケアマネージャーって?

ケアマネージャーとは、正式名称を「介護支援専門員」といい、介護保険法で定められた専門職のことです。
端的にいうと、介護サービスの利用者が適切にサービスを利用できるよう助けてくれる人を指します。
具体的には、利用者への介護サービスの提案、ケアプランの作成、各種介護サービスの申請代行や調整があげられます。
また、どれだけ介護にまつわる相談をしても料金は発生しません。
そのため、介護に関して不安に感じていることや分からないことがあれば、まずは相談してみましょう。

□ケアマネージャーで何が楽になるの?

では実際にケアマネージャーを利用することで、どのような負担を改善できるのでしょうか。

*ケアプランの作成を手助けしてくれる

ケアプランとは、どのように介護サービスを受ければ、より有効にサービスを利用できるかを記した計画書のことです。
ケアプランの作成は、介護制度の専門的な知識や、被介護者の状態を適切に判断する能力が求められるため、ケアマネージャーに相談しながら作成することで効果的なケアプランを簡単に作成できます。

*介護サービス事業所への連絡

介護保険サービスには様々な種類があります。
その全てを把握した上で、利用者に適したサービスを選び、契約を結ぶことは困難です。
そのため、ケアマネージャーと相談しながら利用する事業所を選ぶことで、より利用者のニーズに適したサービスを利用できるでしょう。

□まとめ

今回は介護負担の軽減に役立つケアマネージャーのご紹介をしました。
不安なことや分からないことなどがありましたら、まずはケアマネージャーに相談してみましょう。

お役立ち情報一覧へ