介護費用を見積もってみよう!

介護費用は長期的なことも考え、年金収入などの所得の範囲内に抑えることが重要です。そのためにはサービスを利用する前に見積もりをとり、負担することが出来るかどうかを確認します。介護保険制度における各サービスの利用料は法律で決められているため、利用するサービスによってどの程度の金額が必要になるのかを見積もることができます。

見積もりを行うためには、介護保険制度に対する専門知識が必要です。要介護認定を受けており、実際にサービス利用を検討する場合にはケアマネージャーに見積もりを頼むことができます。サービスには入所サービスや通所サービス、訪問サービスなどがあり、それぞれ単価が決まっています。

福祉用具のレンタルや特定福祉用具を購入する場合にはその費用も必要になります。介護保険サービスは限度額の範囲内であれば自己負担1割から2割で利用でき、限度額を超えた場合は全額自己負担となります。

費用を抑えるコツとしては保険の利用限度額を超えないようにすることです。越えない場合は実際の費用の1割から2割の負担となるため、大きく負担を抑えることができます。

お役立ち情報一覧へ