介護で注意したいこと〜秋編〜

お年寄りを介護している人は全国的にも増加し続けています。
季節によって介護の注意点は異なりますし、十分に気を配ることによって危険から守ることができるのです。
特に、秋は急激な気温の変化が感じられる季節です。

 
これまでのうだるような暑さから、木枯らしが吹いて冷え込みが訪れます。
体温調節が困難な高齢者たちにとって、気温が不安定な秋は体調管理が重要なポイントとなるのです。

普段の生活においても、洋服を重ね着するよう心がけたり、乾燥を防ぐために水分をこまめに補給することも大切です。

 
栄養もしっかりと摂取する必要がありますので、ビタミンが豊富に含まれているフルーツや野菜を積極的にとれるよう食事のメニューにを気をつけると安心です。
冷えからくる手足のしびれなどによって、ベッドから転倒するお年寄りも例年少なくありません。

 
そのため、しっかりとした見守りを心がけることが何よりも肝心なのです。

このように、介護を行う際には、さまざまな注意すべきポイントがあります。
しっかりときめ細かく丁寧なチェックを行うことで、安全を確保することにつながります。

お役立ち情報一覧へ