「エアーマット」ってなに?

介護用のアイテムとして用意されているエアーマットは、なにに利用するのか知らない人も多いようです。
単体で販売されていますが、電動ベッドに付属していることも多く、介護施設などで採用されているマットです。

 
文字通り空気の入ったマットで、体にかかる圧力を分散させて床ずれを防ぐ効果があります。
内部の構造は筒状や袋状にした空気の入るセルを設置し、ポンプから空気を送り込むことでセルを膨張させたり収縮させたりします。

 
この作用によって体圧が分散され、寝たきりの人でも床ずれが起きにくくなるというもので、自動的にエアーを送るポンプ付きと、ポンプの付いていない静止型が存在します。

 
空気圧は体重に合わせて自動的に設定されるものもありますが、手動の場合はお尻の骨が触れない程度に設置すると良いと言われています。
動きが不規則になって浮遊感があったりするので、自分で寝返りをうったり、起き上がれる人には使いづらいマットとなります。

 
推奨されるのは重度のマヒ症状の人、意識障害のある人など、寝たきりになってしまう人で、それ以外では逆に床ずれを起こす可能性もあるので、導入には注意が必要です。

お役立ち情報一覧へ