気になる介護保険とは?業者が仕組みを解説します

日本での公的介護保険制度は平成12年4月にスタートしました。

その仕組みは介護保険料を40歳以上の人から徴収し、また残りの半分を税金で賄うものでして、一定のルールの下で定められた事業を行う仕組みです。
制度が発足した当時は、ケアプランという介護計画作成関係以外はその利用料は全て1割の負担で済みました。

ところが国の財政事情がよくなくて、一定以上の所得がある人からは2割の負担にするなど、徐々に利用者の負担の増大がなされて今日に至ります。
介護保険制度下では要介護度や提供を受けるサービスごとに色々と細かく決められています。

解説すると、利用したサービスの介護報酬のうち1割などが利用者負担で残りが税金などで賄われるものです。

このとき、かかりつけ医などから病状などを把握してその上で日常生活で困っていることなどを確認してから、制度の利用が始まります。

この計画のことをケアプランと言いますが、作成できるのは介護に詳しい専門の有資格者です。
ケアプランに基づいてサービスを受けていき、これ以上の心身における状態の悪化を防ぐとともに、日常生活での困りごとを制度の範囲内でクリアしていけるものです。

ただし、色々なサービスがありますがあくまでケアマネジャーなどの専門家が認めたものしか、必要なサービスは受けられないようになっています。

お役立ち情報一覧へ