どんな介護ベッドがレンタルできるの?種類をご紹介します

平均寿命が世界でもトップクラスの日本においては、心身の機能が低下して日常生活に何かしらの支援が必要な高齢者も増えています。

寝たり起きたりする起居動作は身体機能が低下したときに負担になる動作の一つですが、介護ベッドを使用することによって負担や転倒などのリスクを軽減することができるのです。

保険サービスとして介護ベッドをレンタルすれば、1割~2割の自己負担金額のみで使用することができます。

一言で介護ベッドと言ってもさまざまな種類があり、基本的には上半身と下半身部分の上げ下げが可能である2モーター式、さらに高さ自体の昇降機能が追加された3モーター式タイプが一般的になります。

在宅生活における事故の原因の一つにはベッドからの転落があり、超低床タイプであれば床から15センチメートル程度の種類もあり転落時の怪我のリスクを軽減してくれるのです。

高さを調節できる昇降タイプであれば、就寝時は一番低い高さに下げておき、起床時には身体に負担が無く立ち上がりやすい高さにまでモーターで調節して起きあがることができます。

ベッド上で過ごす時間が長くなってくると床ずれや褥瘡の心配があります。

一般的なマットを体圧分散型のマットレスに変更すれば、褥瘡予防にも一役買ってくれるのです。

マットレスや柵にもさまざまな種類があり、身体の状況に合わせて最適の商品を専門家に相談しながらレンタルができます。

お役立ち情報一覧へ