ケアマネージャー?介護福祉士?介護の資格についてご紹介!

突然ですが、皆さんは介護関連の資格についてどのぐらいのことをご存知でしょうか?
介護に関わっている方でも、資格についてはあまり詳しく知らないという方も少なくないでしょう。
そこで今回は、介護関連の資格についてご紹介していきます!

・ケアマネージャー

ケアマネージャーとは、介護保険における「ケアマネジメント」を担うスペシャリストです。

介護支援専門員実務研修受講試験に合格し、さらに5年間の実務経験も必要とされる難関資格です。

・介護福祉士

介護福祉士は、介護のプロと認められるための国家資格です。
受験資格として3年以上の実務経験が必要で、実務者研修の受講も必須となっています。

・介護福祉士実務者研修

先ほどご紹介した介護福祉士を受験するための要件となっているもので、介護サービス提供の責任者となることができる資格です。

・介護職員初任者研修

介護業界で働くための登竜門とも言える資格で、この資格を持っていれば訪問介護をできるようになります。

今回は介護関連の資格をいくつか紹介しました。

実は、これらはたくさんある介護資格のほんの一部に過ぎません。
資格とは信頼を表す一つの指標ですので、それぞれの資格が表す意味を知っておくと安心できますね。

お役立ち情報一覧へ