介護ベッドの処分をご検討の方へ!処分方法について解説します!

介護ベッドの処分方法でお困りの方はいらっしゃいませんか。
在宅介護から介護センターに入居すると、自宅にある介護ベッドは不要になりますよね。
介護ベッドを処分するにはさまざまな方法があります。
今回は、いろいろある介護ベッドの処分方法について解説していきます。

 □介護ベッドの処分方法

*粗大ごみ受付センターを使用する

自治体が行っている公共のサービスとして不用品を処分してもらえます。
センターにお問い合わせして、回収を依頼しましょう。
費用の相場はおよそ1000円です。

*買い取り業者に売却する

介護ベッドは新品を購入すると高額のため、介護ベッドを必要としている方から中古品は人気です。
そのため、買い取り業者は介護用品の買い取りを積極的に行っています。
電動式のベッドは高額で買取ってもらえることが多いです。
高く売るためにもきれいな状態にしてから売却しましょう。

*寄付する

寄付を募集しているNPO団体は多いので、ネットで検索してみましょう。

 □まとめ

今回は、介護ベッドの処分方法について解説しました。
処分する方法は大きく分けて3つあることがおわかりいただけたと思います。
費用について気になる方は、買い取り金額分お金が受け取れる買い取り業者を利用してみてはいかかでしょうか。

お役立ち情報一覧へ