これからの介護のためにレンタルはいかがでしょうか?

家族に介護が必要になると、家の中外で要介護者の生活を手助けする様々な器具や道具が必要となってきます。

車椅子や介護ベッドを始め、家の中の手すりなど一人一人の体の状況に応じて必要なものは違ってきますが、そのすべてを購入するとなると、介護保険が適用されてもかなりの値段になってしまいます。

また要介護者の状況が変わり、せっかく購入したものがそれほど使わないうちに役に立たなくなったり、使われなくなったりする場合もあります。

それらを考えた場合、介護に必要なものは購入だけでなく、レンタルも視野に入れたほうが賢い選択といえます。

レンタルでも保険が適用されるし、一割負担も購入の時と同じです。

特に短期間ならレンタルがお勧めです。

長期間使うとわかっているものや気に入ったものは購入し、短期間の使用やどんな道具が自分に合うかわからず試しに使ってみる場合などはレンタルでまず使ってみて下さい。

レンタルしてみて気に入ったらそれを購入できる場合もあります。

介護は大変ですが上手に器具や道具を使うことで介護する側もされる側もずっと楽になります。

また介護される人の体の状態は一人一人異なり、その状況も変わってきます。

ですからまずはレンタルで介護に本当に必要なものを見つけましょう。

お役立ち情報一覧へ