ケアマネジャーができる介護についてご紹介します

ご両親の介護をお考えの方は、一度はケアマネジャーという言葉を聞いたこともあるのではないでしょうか?
ケアマネジャーは、介護支援専門員と呼ばれる職業です。今回は、ケアマネジャーができる介護についてご紹介します。

□ケアマネジャーとは?

ケアマネジャーとは、介護支援専門員のことを指します。
福祉や保険医療分野で実務経験がある人だけが取得できる公的資格です。

□ケアマネジャーができる介護とは?

ケアマネジャーができる介護とはどういったものでしょうか?
ケアマネジャーができる介護には次のようなものがあります。

*要介護認定に関する業務

要介護認定の書類作成を代行する業務が可能です。

*介護支援サービスに関する業務

介護における課題を分析したり、介護サービスの計画(ケアプラン)を作成したりなどの業務を行います。
また要介護しゃと介護保険サービスの橋渡し役を担うなど、介護が円滑に行われるようにサポートする役目を担っています。

*給付管理に関する業務

介護保険限度額の確認や利用者負担額の計算などの業務も行います。
また、給付管理表の作成と提出も業務としています。

□介護でわからないことはケアマネジャーに

今回は、ケアマネジャーができる介護についてご紹介しました。
ケアマネジャーは介護における相談役とも言える職業です。
もし、介護に関してわからないことがあれば、ケアマネジャーに相談してみましょう。

お役立ち情報一覧へ