介護用品レンタル業者が教える!レンタルで借りられる種類とは?

介護用品レンタルで借りられる種類ですが、手すりや車いすとスロープなどがあげられます。

屋内および屋外の安全な歩行をサポートするための用具です。

レンタル業者は、工事を伴わない介護用品を貸し出しています。

手すりは介護を受ける人が、トイレの立ち座りや廊下の歩行、

段差のあるところを昇り降りする際の補助をするための用具です。

手すりの種類としては、トイレの立ち座り時に利用する手すりや、天井と床で固定する突っ張り棒タイプがあります。

ほかにトイレの便座に直接取り付けて立ち座りする際に利用するものもあります。
介護用車いすの種類ですが、簡単なものでは介護される人が手や足で操作することによって方向転換ができ、室内や屋外を自力で走行できます。

介護用の車いすは、自分で操作できない人が使用します。

電動車いすは操作レバーを使うことで自走するタイプのものです。

電動四輪車はハンドルで操作することができるため屋外の歩行に適しています。

車いすには背もたれの調整できるタイプ、リクライニングできるタイプのものがあります。

スロープの種類ですが、折りたたみできる板状のもの、車いすのタイヤの幅と段差に合わせて長さを調整できるものが貸し出されます。

スロープは車いすで外出する際に玄関などに設置し、段差を解消して安全に外出をサポートするために使います。

お役立ち情報一覧へ