介護疲れを軽減!介護者のうつ病を防ぐ方法を簡単紹介!

近年、介護者の介護疲れによるうつ病の発症が問題になっています。

介護者の4人に1人はうつ病になるとのデータもあります。

介護の負担による介護者のうつ病は「介護うつ」と呼ばれることもあります。
今回は介護うつの原因と症状についてご説明し、うつ病を防ぐ方法をご紹介します!

・原因

介護うつの原因には身体的なもの、精神的なもの、経済的なものなど、様々なものがあります。
特に、自分自身の健康状態が優れないのにもかかわらず家族の介護をしなければならない場合の身体的負担や、介護特有の終わりが見えない中で責任感を過剰に感じてしまい、一人で抱え込んでしまう場合の精神的負担は代表的な原因と言えます。

・症状

何に対してもやる気が出ない、今まで楽しく感じていたことも楽しく思わない、不安や焦燥を覚える、そして常に憂鬱な気分にとらわれることなどが挙げられます。

・介護うつを防ぐ方法

まずは、自分が介護にストレスを感じている状況を認識しましょう。

現状を正しく把握できないまま頑張り続けてしまうことはうつを助長します。
次に、ストレス解消法を見つけ、積極的にリフレッシュを試みましょう。

体を動かしたり、買い物をしたりすることで、気分転換をすることができます。

最後に、何より重要なのが、一人で抱え込まないということです。他の家族や専門家に相談をすることは、介護うつを予防するために必要不可欠です。

場合によっては、相談するだけはなく、実際に介護の分担をしていくことも大切です。

周りの人にどんどん頼っていきましょう。

いかがでしたか。

自分や周りの人が介護をする際には、積極的に協力し合うことで、介護うつを防いでいきましょう!

お役立ち情報一覧へ