介護を助けてくれるケアマネジャーを業者が解説します。

「仕事が忙しくて介護が大変」
「介護を手伝ってくれる人がほしい」
介護は大変ですよね。
介護の負担を軽減したいとお考えの方は多いのではないでしょうか。
そんな方には、ケアマネジャーがおすすめです。
今回はケアマネジャーについて解説します。

 □ケアマネジャーとは?

*ケアマネジャー

ケアマネージャーは、介護を必要とする方が介護保険サービスを受けられるように、ケアプランの作成やサービス事業者との調整を行います。
介護サービスを利用している人の立場に立って、総合的な支援をする役割です。
要介護者の自立や尊厳を保持して、その人らしく暮らせるようにサポートしてくれます。

 □ケアマネジャーを探す

*信頼

介護は信頼が必要です。
そのため、適当に選ぶのは危険です。
まず実際に会って、慎重に信頼できる人を探しましょう。

*包括支援センター

包括支援センターで「ハートページ」という冊子を手に入れて、そこから探しましょう。
もしくは居宅介護支援事業所のリストから探してみてください。
「ハートページ」は地域によっては取り扱いがないため、注意しましょう。

*契約後

ケアマネジャーと上手く付き合っていくには契約後が重要です。
信頼関係の構築に努めるとともに、自分の意向をはっきり伝えましょう。

 □まとめ

今回はケアマネジャーについて解説しました。
ケアマネジャーを上手く活用することでより良い介護を目指しましょう。
介護でお悩みの方は、一度ケアマネジャーに相談してみてください。

お役立ち情報一覧へ