「居宅型」「施設型」「地域密着型」介護保険の3種類のサービス

「介護保険で受けられるサービスってどんなもの?」
という疑問をお持ちではありませんか?
今回は、公的介護保険で受けられる3つのサービスについてご説明します。

1.居宅サービス

居宅サービスとは、高齢者が自宅で暮らしながら受けられる介護サービスです。
介護員が訪問し、入浴・排泄などの補助を行う訪問介護や、日帰りでデイサービスやデイケア施設を訪れサービスを受ける通所介護があります。

2.施設サービス

施設サービスは、「特別養護老人ホーム」「介護老人保健施設」に入居して受ける介護サービスです。
特別養護老人ホームでは、入浴・排泄などの補助が受けられるのに対し、介護老人保健施設では医療処置やリハビリテーションも受けられます。

3.地域密着型サービス

地域密着型サービスとは、高齢者が住み慣れた区域で住み続けられることを目的とし、「居宅サービス」「施設サービス」両方の性質を含め、より便利な介護体制を提供するサービスです。

夜間を含む一日複数回の訪問、訪問時の介護看護両方の対応、ケアハウスでの介護サービス、認知症患者への対応など「居宅サービス」、「施設サービス」の弱点を埋めています。

以上が介護保険の介護サービス3種類の説明でした。
株式会社モナークケアでは中古介護用品のレンタル・販売を行っています。
介護の不安をお持ちの方は、お気軽にご相談くださいね。

お役立ち情報一覧へ