”終活”とはそもそもどういう事なのだろう?

みなさん、おはようございます。

千葉市、今日もとても過ごしやすい朝です。

つい先日、私が取得した

”終活カウンセラー” という資格、

ご存じない方も、たくさんいらっしゃるかと思います。

そもそも、 ”終活” という言葉・・・

この言葉、おそらく一度や二度、耳にした事はあるとは思いますが、いったいどういう意味、どういう活動なのでしょう?

私は、

”終活”という言葉から、

●しっかりと遺書を残す。

●家族に、自分の死に際、死んだ後の希望を伝える事。

つまりは、 ”死ぬ”という、人生最期の瞬間と、死んだ後の事を、いかに自分の希望を伝え、思い通りにするか。(家族に、思い通りにしてもらうか。)

家族に、迷惑・心配をかけないようにするか。

こんな事なのだろうと、思っていました。

みなさんは、どう思いますか?

私の思っている ”終活” に

”そんなものでしょうね・・・”

と、共感された方も、多いでしょうか。

”終活” とは、私の挙げたような、そういう準備や行動も含まれますから、ある意味、正解の部分もあります。

しかし、実は、根本的な考え方が、

大間違い  だったんですね・・・

いったい、”終活”の本当の意味、本当に大切にしたい考え方とは、なんなのでしょうか?

次回、終活カウンセラー協会の定義している

”終活とは?”

を、お伝えしますね。

では・・・

お役立ち情報一覧へ