ケアマネージャーって何? 介護用品レンタル業者が解説!

「ケアマネージャーって言葉は聞いたことあるけど、どういう職業なの?」
「ケアマネージャーの役割や仕事内容が知りたい。」

ケアマネージャーとは、介護保険サービスを受ける上で重要な存在です。
そこで今回は、ケアマネージャーについて詳しく解説します。

 □サービス事業者と利用者の橋渡し役

ケアマネージャーの役割とは、様々な介護サービス事業者と利用者の間に入る調整役です。
訪問介護や通所介護など多くの種類のサービスがある中で、利用者と話し合いながら、その人に適した介護サービスの利用プランを提案します。

 □ケアプランの作成を行う

ケアプランとは、分かりやすく言えば、介護サービスを受ける上でのスケジュール表のようなものです。
しっかりと要介護者の課題分析をした上で、「自分一人でご飯を食べられるようになる」などの目標設定を行い、その目標を達成するためのサポートを行います。

 □要望やクレームを代弁してくれる

要介護者がサービスを利用し始めてからも、ケアマネージャーの仕事が終わったわけではありません。
利用者がサービス事業者に要望やクレームを抱いているが、直接は言いづらいという場合には、ケアマネージャーが利用者に代わって事業者に意見を伝えます。
また、事業者の考えを利用者に伝えることもあります。

 □まとめ

今回は、ケアマネージャーの役割と仕事内容を解説しました。
介護保険サービスを利用する上で何か不安があれば、ケアマネージャーに一度相談してみてはいかがですか。

お役立ち情報一覧へ