「位置情報探索サービス利用費補助金」とは

齢者の方が増えてきている日本ですが、高齢者社会の割にサービスへの影響が少ないところがあります。
高齢者と言っても元気な印象を与える方が多く、自由に行動されているイメージがあります。

しかし、一部では徘徊をしてしまったり自分自身が誰だかわからなくなってしまったりと日常に影響が出て来ている人もいます。
行方不明になってしまったり、怪我をして発見されたりする前に、端末を使用した高齢者位置情報サービスをご利用して見てはいかがでしょうか。

取り組みを行われている組織によっては、位置情報探索サービス利用費補助金が出ているところがあります。
位置情報探索サービス利用費補助金とは、GPSが導入された携帯電話の新規加入時の登録費用や携帯端末購入費、付属品等の経費を負担していただけるサービスになっています。


GPSが導入された携帯電話を使用することで、常にどこにいるのかを身内がわかるようになります。
急にいなくなってしまっても、GPSが導入された携帯電話を持っていることで安心して居場所を見つけられるようになるため、利用を検討して見ましょう。

お役立ち情報一覧へ